本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『本日は、お日柄もよく』感想|あなたの心を動かす言葉たち

「本日は、お日柄もよく」。

結婚披露宴などのお祝いの場で、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

こういった言葉を巧みに操り、相手の心に響く文章を書く「スピーチライター」が、この作品の主人公です。

言葉の持つ力は、使い方によって、何倍にも大きくなる。

そして、幸せを紡ぎだすことができる。

「言葉」というものの重みを改めて教えてくれる、心あたたまる作品です。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『本日は、お日柄もよく』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル本日は、お日柄もよく
著者原田マハ
出版社徳間文庫
出版日2013年6月15日
ジャンルお仕事小説

日本ではあまり耳なじみのない「スピーチライター」を題材にした作品。

アメリカなどでは、大統領選の裏方としても活躍する重要な職業です。

表紙をめくるといきなり【スピーチの極意】が目に飛び込んでくるところが印象的です。

『本日は、お日柄もよく』のあらすじ

主人公の二ノ宮こと葉は、製菓会社のOL。

総務部でのんびりと仕事をしています。

物語の始まりは、幼馴染・あっくんの結婚式。

家族ぐるみで一緒に成長してきた幼馴染は、こと葉の片思いの相手でもありました。

「スピーチライター」との出会い

複雑な気持ちで迎えた結婚式では、取引先の社長の冴えないスピーチがおこなわれていました。

こと葉はあまりの眠気に耐えられず、顔面をスープ皿に強打してスピーチを遮ってしまいます!

スピーチなんて、長いだけで内容がまったく頭に入ってこない。

しかし、そんな常識を覆すスピーチが、社長の後に控えていました。

その正体こそが、後の師匠となる伝説のスピーチライター「久遠久美」だったのです。

はじめの一歩

久美さんのスピーチにすっかり感銘を受けたこと葉は、自ら久遠事務所に赴き、スピーチの極意を教えてほしいと願い出ます。

会社の同期の結婚式でスピーチを頼まれていたからです。

原稿の書き方、パフォーマンス、服の選び方などを徹底的に叩きこまれたこと葉。

初めてのスピーチを見事大成功に収めたことで、ますます言葉の世界の虜になり、久美さんの弟子として「スピーチライター修行」を始めることになるのでした。

政権奪還へ

久美さんは、野党党首のスピーチライターを務めるほどの腕前。

来る解散総選挙に向けて、こと葉はある候補者のサポートをしてほしいと頼まれます。

それは、幼馴染のあっくんこと厚志でした。

幹事長だった父をがんで亡くした厚志は、野党にとっては最後の期待の星です。

ひたむきに国民と向き合ってきた、亡き幹事長の思いを再び実現させてほしい。

党首の強い意向から、政治とは無関係の世界にいた厚志を説得するべく、久美さんとこと葉が立ち上がります。

『本日は、お日柄もよく』を読んだ感想

物語のテンポ感の良さから、次々にページをめくりたくなる作品でした。

読みやすくライトな文体によって、こと葉の近くで一部始終を見ているような感覚にもなります。

展開を楽しむだけでなく、スピーチのテクニックが知らぬ間に学べることも魅力のひとつです。

スピーチに感動!

とにかく物語の随所に、スピーチの場面が織り込まれています。

時には場の緊張感も丁寧に描かれていて、読んでいるこちらもドキドキしてしまうほどです。

どれも圧巻でしたが、こと葉のスピーチデビューとなった結婚式でのシーンは、特に印象的でした。

まだスピーチライターとしては駆け出しだからこそ、自分の思いや感じたことがストレートに表現されています。

新婦・千華へのあふれる気持ちを落とし込んだ言葉たちは、読んでいて涙を誘いました。

その他にも多くのスピーチが登場し、そのたびに心を動かされます。

明日の朝礼で、学校の発表で…自分の「話す」は相手の心を動かせているだろうか?と問いかけたくなる作品です。

個性的なキャラクターたち

主人公のこと葉もさることながら、脇を固める個性的なキャラクターたちもこの物語の魅力です。

言葉を生業としている人物が多いことから、生み出されるひとつひとつの言葉に重みを感じます。

  • 今川厚志:こと葉の幼馴染。コピーライターをしていて、相手の思っていることを瞬時に判断することが上手い。
  • 和田日間足(かまたり):コピーライターであり、スピーチライター。こと葉とはライバル関係にありつつも、才能はピカイチ。
  • 二ノ宮驟雨:こと葉の祖母で、教科書に載るほど著名な俳人。ここぞというときに、こと葉を叱咤激励してくれる。

彼らはそれぞれの言葉で、相手と向き合い、時に闘っていきます。

どんな言葉で相手の心を揺さぶるのかを必死に考え、紡ぎだされていく言葉には、強い説得力を感じました。

ほろりと泣けるストーリー

物語のなかには、言葉によって人の心が動く瞬間がいくつも散りばめられています。

結婚式でのスピーチ。新製品のブランディング紹介。大切なひとへの弔辞。国会での代表質問。そして、有権者に向けた決起集会での演説。

思いを込めて発した言葉は、必ず相手に届きます。

そのことを強く感じさせてくれる作品です。

言葉の裏側にある思いに気づいたとき、不覚にも涙がこぼれてしまいました。

そして誰かのための言葉は、やがて根を張り、そのひと自身の糧となってくれます。

久美さんがこと葉に話すエピソードは、胸に迫るものがありました。

『本日は、お日柄もよく』はどんな人におすすめ?

この作品がおすすめなのは、こんな人です。

  • 目標に向かってまっすぐに頑張っている人
  • ハッピーエンドが好きな人
  • 話すことが好きな人

読み終わったときに元気がもらえるだけでなく、人前で話すことに対してポジティブな気持ちにになれる作品です。

おわりに|たかが言葉、されど言葉。

言葉は、私たちと切っても切れない大切な要素。

どうやって扱っていくかは、ひとりひとりに委ねられています。

時に人を傷つけてしまうこともありますが、同時に、無限の可能性を持っている「武器」でもあります。

その「武器」を携えて奔走する、こと葉の【まっすぐ】な姿にきっと元気をもらえるでしょう。

頑張っているあなたに、ぜひ読んでほしい1冊です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる