本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『長くつ下のピッピ』感想|大人の私が子どものピッピに救われる

世界一強い女の子といえば、誰を思いつきますか?

私はもちろん、ピッピを思い出します。

髪はニンジンのようなオレンジ色。

肩にはサルを乗せ、ヘンテコな青い服。

そして、片方が茶色で片方が黒の長くつ下をはいています。

しかも、きまぐれ荘と呼ばれる、ふるぼけた家にたった9歳でひとり暮らし

ピッピは、空の天使になった母親にこう言います。

「おかあさん、しんぱいしないで! わたし、ちゃんとやってるからね!」

どこまでも自由で、力持ちの、想像力豊かな女の子。

私を救ってくれたのは、この物語の主人公長くつ下のピッピです。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『長くつ下のピッピ』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル長くつ下のピッピ
著者リンドグレーン
出版社偕成社
出版日1988年3月1日
ジャンル児童文学

スウェーデンで生まれた『長くつ下のピッピ』は、世界中で愛されている物語です。

読んだことがない人も、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

アニメや映画、様々なメディアで取り上げられてきました。

自分をしっかりと持ち、いつも明るく、様々なことに挑戦するピッピは、子どものためだけの物語ではありません。

まるで、付き合いの長い親友に会うような気持ちで、大人になった今再び、この物語を読みました。

今だからこそ読んでほしい物語です。

『長くつ下のピッピ』のあらすじ

ピッピは、サルのミスター・ニルッソンと馬一頭とともに、きまぐれ荘に住んでいます。

他の子どもとは、わけが違いました。

とほうもない力持ちで、学校へ行かず、気の向くままひとりで暮らしているのです。

とにかく自由なピッピ

きまぐれ荘の近くに住む、トミーとアンニカと仲良くなったピッピ。

ベランダで馬を飼っていたり、珍しい宝物を持っていたり、台所中に生地を広げてビスケットを作っていたり……。

そして何より、力持ちのピッピは、いじめっ子の男の子を撃退。

おまわりさんのことも怖がらず、追いかけっこまで始めてしまう自由っぷり。

ふたりは、愉快で勇敢なピッピを気に入ります。

怖いものなしのピッピ

あるとき、学校に興味を持ったピッピは、トミーたちの学校へ。

勉強をしたことがない彼女は、先生のいうことにいちいち質問して困らせてしまいます。

悪気はないのです。

結局、学校へはもう行かないことにしました。

それからも、空を飛ぼうとして地面に落ち、暴れまわる牡牛に乗って歌を歌い、サーカスに参加してみたりと怖いものは何もないピッピ。

そして、何と、どろぼうを捕まえて、一緒にダンスを踊ってしまうんです。

どんなときでも元気なピッピ

コーヒー・パーティーに呼ばれたピッピは、案の定、行儀よくできずに怒られてしまいます。

それでも、飄々としているその姿は、9歳とは思えない貫禄。

偶々通りかかった火事も、緊急事態をよく理解できていないピッピは、

いとも簡単に、子どもたちを救出。

トミーとアンニカとの絆も深め、ピッピの日常は続いていきます。

『長くつ下のピッピ』を読んだ感想

大人になると、物事はこうあるべきだ、とか和を乱さず生きることが大切だ、などそんな面白味もないことばかり。

普通に生きることは、確かに安心しますが、思い返すと子どもの頃は、もっと自由に考えることができたように感じます。

『長くつ下のピッピ』を私は今回、懐かしいなと思って手に取りました。

読み返してみると、大人になった今読んでも、なお面白い。

ピッピ流の生き方

自由に好きなことをして、興味を持った人やものにどんどん声をかけます。

そして、合わないと思ったら、じゃ、さよなら!と明るく叫んでお別れ。

どう思われようが知ったことではない、ピッピは大人の目から見ても羨ましい限りです。

部屋が汚れることも気に出ず、床一面でビスケットを作ることも。

眠るときは、まくらの上に足をのっけます。

どろぼうが入ってきたときは、

「あんたたちがきてくれて、とてもたのしかったわ! ほんとに、もうかえらなくちゃいけないの?」

ダンスを踊って、ごちそうします。そして、ダンスのお礼と言って金貨を渡すのです。

枠にとらわれないピッピの生き方は、時に人を救うことも。

ピッピに救われた人々

数人にいじめられていた子どもを助け、ピッピにまでつっかかってきた男の子を、ひょいと持ち上げて、枝につるしてしまうのです。

世界一強い女の子には誰も勝てませんからね。

火事を見かけたときは、どうして周りが泣いているのかわかりませんでした。

「まあ、なんてかなしそうな顔をしてるの! おなかがいたいの?」

だって、彼女ならすぐに助けることができますから。

みんな泣いてハラハラしているのに、ピッピだけは笑顔で楽しそう。

何かあったとき、普段通りでいられることがどれほど難しく、すごいことか、大人になった今ならば、よくわかります。

子どもにとってのヒーロー、そして、大人にとっての憧れ。

ピッピは、毎日を楽しく生きる術を自分が一番楽しむことで教えてくれます。

もしも、子どもの頃、近所にこんな友だちがいたら、楽しかっただろうなと何度も思いました。

大人になった今は、心が沈んでしまったときに読み返そうと思います。

数えきれないほど、ピッピは、私を救ってくれたのです。

『長くつ下のピッピ』はどんな人におすすめ?

かつて子どもだったこんな大人の方にに、ぜひ読んでみてほしいです。

  • 毎日がつまらなく感じる
  • 時間に追われ、イライラしている
  • 本当の自分とは何か、考えたことがある

子どものときの遊びは無限でした。

想像するだけで、ただの公園が遊園地になり、新しい遊びを考えることは、わくわくの連続。

誰に言われなくても自分を持っていた子ども時代、『長くつ下のピッピ』を読んで、肩の力を少しだけ抜いてみませんか?

おわりに

『長くつ下のピッピ』は、とても自由な物語です。

どんなときも明るく、やりたいことに忠実に生きるピッピは、これからも私たちの憧れであり続けるでしょう。

彼女のように生きることは現実、難しいかもしれませんが、世界のどこかで、ピッピが走り回っている姿を想像すると、私自身、満ち足りた自由な気持ちになります。

私が救われていることを聞いても、ピッピは「どうして? へんなの!」と高らかに笑うことは間違いありません。

ピッピの生活はまだまだ続きます。

世界で愛されている、無邪気で頼もしい女の子の話を、大人になったみなさんがどう思うのかとても楽しみです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる