本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『大事なことほど小声でささやく』感想|心を揺さぶり、目頭を熱くさせる

普段どのような小説を読んでいますか?

ワクワクする冒険小説、ドキドキするサスペンス小説、ときめく恋愛小説など、世の中には多くの小説が存在しますよね。

数ある小説の中から今回ご紹介するのは、笑って泣ける人情小説『大事なことほど小声でささやく』。

ほっと落ち着きたいとき、慌ただしい毎日から自分を取り戻したいとき、そっと心に寄り添ってくれるような小説です。

きっとこの小説を読まれる方は、1ページずつ大切に読みたくなるでしょう。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『大事なことほど小声でささやく』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル大事なことほど小声でささやく
著者森沢明夫
出版社幻冬舎文庫
出版日2015年8月5日
ジャンル人情小説

本書の作者である森沢明夫さんは、映画『ふしぎな岬の物語』の原作者として、一躍有名になったと言われています。

今回の『大事なことほど小声でささやく』は、スポーツジムが舞台の物語。

スナックを営むオカマのゴンママを中心に、6人の登場人物の視点から、それぞれの人生が語られます。

『大事なことほど小声でささやく』のあらすじ

本書はオムニバス形式で、毎回主人公が異なります。

『大事なことは小声でささやく』の題名通り、言葉が大事な役割を担います。

不安に襲われたとき救ってくれるのは、過去に人を励ました自分の言葉かもしれません。

ゴンママの苦しみ

物語はキーパーソンとなる、権田 鉄雄が過呼吸に苦しむ場面から。

権田 鉄雄は身長2メートル超のマッチョなオカマで、周囲からはゴンママと慕われています。

昼はジムで体を鍛え、夜はジム仲間が集うスナックを経営。

いつも明るいゴンママですが、ここ最近、不安や孤独感が突如襲ってきます。

気を紛らわすかのようにダンベルを上下させますが、汗と共に涙が止まりません。

スポーツクラブに通う6人

スポーツクラブSAB(通称・サブ)には、6人のジム仲間が。

サラリーマン、漫画家、高校生、歯科医、会社員、スナック経営者。

共に汗を流し、笑顔で談笑し合う、気軽な関係を築いています。

しかし笑顔の裏には、様々な背景を抱えていました。

それぞれの視点から、人生観が描かれていきます。

ゴンママの温かい言葉が、登場人物たちの救いに。

周りの人たちを励ました言葉が自分を救う

登場人物それぞれの人生に寄り添い、励ましの言葉をゴンママは投げかけてきました。

しかし、自分の将来への不安が無くなることはありません。

そんな苦しい状況を救ったのは、同じスナックで働くバーテンダーのカオリちゃんの一言。

「一瞬のいまを大切に生きる」

かつてゴンママが、人生に絶望していたカオリちゃんに投げかけた言葉でした。

「いま、この瞬間のことだけを考えて、自分なりに素敵に生きればいい。」

「いまを素敵に生きれば、未来はその延長線上につくられるから、きっと素敵になる。」

自分が人を励まし立ち直らせた言葉が、自分の心をすっと軽くさせたのです。

ゴンママは不安が全くなくなることはありませんが、できるだけ胸を張って、悠々とした歩幅で再び歩き出します。

『大事なことほど小声でささやく』を読んだ感想

読んだ直後、本当に胸がいっぱいに。

とても温かく、この気持ちをいつまでも噛み締めていたくなりました。

未来や過去に囚われすぎず、いまを大切に生きようと背中を押してくれた1冊。

涙なしでは読めない

この物語は終始、ほろりとする場面が出てきます。

中でも、第4章の『四海 良一の蜻蛉』は嗚咽して涙した方もいたのではないでしょうか。

物語は悲しく切ない状況なのですが、とても温かな涙が溢れました。

家族の絆、命の尊さ、人への優しさ。

登場人物のうち誰かとは、読者自身が重なり、あたたかな気持ちに包まれるでしょう。

ゴンママの言葉

ゴンママの言葉は優しくそっと寄り添ってくれますが、決して軽くなく、人生の真実をつくような言葉を自然に言います。

「人生に大切なのはね、自分に何が起こったかじゃなくて、起こったことにたいして自分が何をするか、なのよ。」

「愛した人を失わないように努力した人だけが、きっと美しいのよ。」

「夢を叶えた瞬間にね、ああ、わたしのこれまでの人生は、今日、この日のためにあったんだって。辛かった過去がキラキラした大切な思い出に変わるの。」

この本に出てくる言葉によって、温かい気持ちになれたり、本来の自分を取り戻せたりと、前向きな気持ちになれるでしょう。

人生を肯定してくれる

この物語は現実の辛さを直視しながらも、人生は生きるに値すると、静かに肯定しているように感じます。

「人はね、人に喜ばれるために生まれてくるんだよ。」

など、幼くして亡くした娘の言葉が、心を優しく包み込みます。

何気ない言葉やセリフが、様々な事情を抱えた登場人物たちから発せられると、大きな力を持ち読者の心を震わせるでしょう。

『大事なことほど小声でささやく』はどんな人におすすめ?

『大事なことほど小声でささやく』は、こんな方におすすめです。

  • 森沢明夫さんの小説が好き
  • 心揺さぶられたい
  • ほっとしたい

森沢明夫さんの人間模様を繊細に描く作風が、『大事なことほど小声でささやく』にも活かされています。

人情小説代表といっても、過言ではありません。

心地よいセリフ回し、温かい登場人物の関わりに、ほっとした気持ちになれますよ。

おわりに

今回は森沢明夫さん作『大事なことほど小声でささやく』をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

6人の登場人物たちは、どのような人生を語ったのか、ゴンママはどのような言葉を投げかけたのか、気になる方は是非読んでみてください。

きっと温かい気持ちに包まれると思います。

何気なく人に伝えている言葉が、周りの人や自分を救うことになるかもしれません。

この小説は言葉の大切さを、今一度知るきっかけとなりますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる