本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『永遠の0』感想|太平洋戦争に隠された物語

もし、君が今戦争が起こったとして、まず、特攻に行けるのか?更に、特攻を命じられて断れるか?

『永遠の0』より引用

太平洋戦争中において4千人もの若者が命をなげうって特別攻撃隊を志願して
命を落としていった。

  • 特攻隊を命じられ、志願した者
  • 特攻に行く前に戦争が終わった者
  • 志願を断った者

いったいこれらの者達の人数はいかほどなのか?

もし、今戦争が起こり、日本が滅亡の危機にさらされたときに果たして自分は特攻に行けるか?

否、まず特攻には行けまい。

しかし、その命令は絶対的なものだった。

では、どうする逃げるのか?

それも出来まい、特攻に行きたくない若者は大勢居たに違いない。

そのどちらも実行した主人公。

自分自身との葛藤の中で特攻に散った祖父の顛末を追いかける物語。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

永遠の0のあらすじ

「太平洋戦争が終わり、神風特攻隊という特別攻撃隊というのがあったことを今の若者はいったい何人が知っているのか」

『永遠の0』より引用

祖母・松乃が亡くなり、四十九日が経ち、祖父・大石賢一郎から実は本当の祖父は、自分ではないことを明かされる。

本当の祖父・宮部久蔵が太平洋戦争中に神風特攻隊で亡くなり、その後、松乃と自分たちの母・清子を引き取ったのだった。

その話を聞いた長男の佐伯健太郎であったが、司法試験に失敗して人生の目標を見失っていた。

そこに姉であるフリーライターである慶子が新聞社主催の終戦60周年記念プロジェクトの仕事を受けるのである。

しかし、そのプロジェクトの新聞社の編集長の高山は「神風特別攻撃隊はテロリストと同じだ」と決めつける。

その理解に釈然としない慶子は、弟・健太郎に本当の自分たちの祖父である宮部久蔵の辿った人生を取材しようと誘われる。

そして、宮部久蔵を知っているであろうと思われる関係者を取材して回ると特攻の真実が見えて来るのであった。

そのうちのひとり、ラバウル航空隊で一緒だった長谷川梅男は、「宮部は海軍航空隊一億秒者で、何よりも命を惜しむ男であった」と蔑むのだった。

次に、ラバウル航空隊で宮部の部下だった井崎源次郎は、宮部に二度助けられ、宮部から

「絶対に死ぬな、生きろ」

と教えられ、空戦中に被弾するもグァム島に泳ぎ着き、宮部に対して恩義を感じているのであった。

また、新聞社の編集長の高山と慶子が訪れた元海軍中尉であった武田貴則は、高山の持論である「特攻は一種のテロ」と同じだという文句に激高する。

その後、高山から慶子は求愛されるが好きにはなれないでいた。

その宮部と関わった多くの生存者が「宮部は臆病者であった。」と蔑むが、その半面、宮部さんに生きることの大切さを教わったと語る。

そして、いよいよ終戦間近、その宮部にも特攻の命令が下る。

まるで夢遊病者のようにうつろな宮部久蔵がそこにはいた。

そして出撃し、巧みな操縦技術を使い、荒れ狂う敵の砲弾をかいくぐり敵艦に体当たりするのであった。

それを語る祖父・大石賢一郎も、実は宮部に「生きる」ことを教わった予備兵であった。

終戦後、健太郎と慶子の実の母を連れた松乃を引き取った育ての祖父であった。

高山が語る「特攻隊員はテロリストだ」という言葉は日本人の多くが否定する。

もし、そう語るのであれば、鹿児島にある特攻隊の記念館を一度訪れるべきであろう。

そこには当時二十歳過ぎの若者が母親に書いた手紙が多く残る。

その手紙に涙せずにはおれない。

敢えて、作家の百田尚樹さんが出した言葉であろう。 特攻隊員達は、絶対的にテロリストではない。

なぜなら、特攻には行きたくなかったから。それを押し殺して、母のため、妻のために特攻したのだ。

この点を私は強く感じます。

だから、「生きろ」と言う宮部に対して多くの者が「臆病者」と蔑む。

実は、多くの若者は「自分も臆病者」でいたかった。でも、出来なかった。

自分は特攻に行けるか? そして、その命令を拒めるか?

自分なら、どちらも出来ない。 でも、選択するなら前者だろう?

あの場面で拒めるか? 特攻に志願する者たちに賛否を聞く紙を配ったそうだ。

全員が志願すると書いたそうだ。

それはやむにやまれず、出た志願であったろう。

なぜなら、日本人だから。

この物語は、特攻に対する純真さの裏に隠れた本音をあぶり出してもいるのです。

この物語は絵空事ではなく特攻は実際にあった事実

ゼロ戦の搭乗員という華やかな物語、血湧き肉躍る空中戦、その中に人間がいる。

血が出て、肉が飛び散る。

読み進めるとゼロ戦ってかっこいいとか、派手な戦争場面を連想します。

しかし、戦争は怖い。

上層部は平気で「死んでこい」といった究極の命令を出す。

その命令に抗うこともせず、死んでいった若者達の心情を考えるといたたまれず、一黙置かずにはおれません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる