本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『ペンギン・ハイウェイ』感想|映画化もされたあの話題作を大紹介!

こんにちは。

今回紹介するのは2018年夏に映画化もされたあの話題作『ペンギン・ハイウェイ』です。

本作は、『夜は短し歩けよ乙女』の作者でも知られる森見登美彦先生によるもので、森見先生特有の不思議に満ち溢れた世界観が特徴。

この記事では、そんな森見登美彦先生による『ペンギン・ハイウェイ』についてじっくり見ていきましょう。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『ペンギン・ハイウェイ』のあらすじ

主人公のアオヤマ君は好奇心旺盛な小学4年生の男の子。

そんな彼が今最も興味を示しているのは近所の歯科医院に務めるおっぱいの大きなお姉さん。

アオヤマ君は彼女に惹かれる中で何故か町にペンギンが出没する怪事件に遭遇。

さらに、ペンギンが出没する原因はお姉さんにあることを突き止めたアオヤマ君はお姉さんの研究を始めるのであった。

同時期、アオヤマ君のクラスメートのハマモトさんとウチダくんは森の奥に浮かぶ謎の球体を発見するのだが、実はそれとお姉さんが奇妙な関係を持っていて……。

『ペンギン・ハイウェイ』の感想

本作は、ジャンル的にはSFと分類されているものの、個人的には「ジュブナイルストーリー」の要素が強い作品だと感じました。

「ジュブナイル」という言葉はティーンエイジャーを意味し、「ジュブナイルストーリー」はそんなティーンエイジャーに向けた作品です。

要は、少年が主人公でティーンエイジャーに大いに共感してもらえるような作品というわけですね。

そんな本作のジュブナイル要素として強い印象を与えているのが「お姉さん」という存在。

この作品におけるお姉さんはただの年上の女性というわけではありません。

「少年が憧れる大人の女性」なんですね。

もしこの記事を読んでいるあなたが男性であるならば大いに共感してもらえると思いますが、幼少期関わった少し年上の女性というものには強い憧れを抱いたことはないでしょうか。

人によってはそんな女性に恋心を抱き、それが初恋だったような人もいるかもしれません。

本作のお姉さんというのはその幼少期のどことなく懐かしく、それでいてもう取り戻せないあの頃の青春が詰まったようなキャラなのです。

主人公のアオヤマ君と同じような境遇にいた男性読者ならば間違いなくその魅力が分かることでしょう。

そういうこともあって、本作ではお姉さんやペンギンの謎を解くSFドラマが主軸になっているのは確かですが、個人的には上記のようなジュブナイルストーリーの方が目立っている印象があるんですよね。

だからこそ、「SFだから読むのを避けていた」という人でもしっかり楽しめる作品になっていると私は思っています。

まとめ

今回は『ペンギン・ハイウェイ』を紹介しました。

映画を観た人もそうでない人もぜひぜひ読んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる