本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『エリック』感想|「お国柄」という言葉がキーワード

「異文化理解」「多文化共生」

結構前から、このような言葉をよく耳にするかと思うのですが、

実際に、異なる文化を持つ相手とうまく関わっていくことは、決して簡単ではないと思います。

つい、こちら(受け入れる側)のやり方に従ってもらおう、という考えが出てきてしまうのではないでしょうか。

時には相手の言動・行動をうまく理解できず、いらだってしまうこともあったりして…。

ですが、この絵本に出てくる家族は違っていました。

この家族が持っていたもの、それは、

「すべてを受け入れてしまえる大きな心」

でした。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『エリック』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトルエリック
著者ショーン・タン
出版社河出書房新社
出版日2012年10月17日
ジャンル絵本

「ショーン・タンの世界展」という展覧会が、日本各地で開かれたほど人気のある、オーストラリア出身の絵本作家、ショーン・タンさんの作品です。

絵本のサイズが小さいです。葉書より少し大きなくらいでかわいくて、その小ささがかえって目を引きます。

『エリック』のあらすじ

数年前、ある家に「エリック」という名の交換留学生がホームステイにやってきました。

ホームステイ先の家族は、家の空き部屋のペンキを塗り直したり、絨毯と家具を新しく揃えたりして、エリックが気持ち良く過ごせるよう準備を整えました。

台所の戸棚の中

家族はせっかく、空き部屋をエリックのための部屋として準備したのですが、エリックが普段、勉強するときや眠るときに使ったのは、台所の戸棚の中だったのです。

その理由は謎なのですが、家族の中で、お母さんはこう言いました。

「きっとお国柄ね」

「いいじゃないの、本人がそれでいいんなら」

好奇心旺盛

家族の中の「ぼく」は、もし家に外国のお客さんが来ることがあれば、その人にいろんなものを見せてあげて、この国のおもしろいことをたくさん教えてあげる、と決めていました。

だから、エリックがホームステイに来たときはチャンスだと思ったし、うれしいことにエリックは好奇心が旺盛で、「ぼく」にたくさん質問をしてくれました。

ただ、その質問というのが期待外れのもので、「ぼく」はただ、

「さあ、わかんないよ」

などと答えるしかなく、すごく役立たずな気分になってしまいました。

小さなもの

家族は、週末にエリックを連れていろんなところに出かけました。

でも、エリックが喜んでくれたかどうかはよくわかりませんでした。

なぜなら、どこへ行ってもエリックが興味を持つたいていのものは、街のいろんなところではなく、

「地面に落ちている小さなもの」

だったからです。

「ぼく」はそんなエリックに対して少し頭にきていましたが、お母さんが言っていたように、

「お国柄」

だと思うことにしたのです。

そう思うことで、あまり気にならなくなりました。

突然行ってしまったエリック

ある朝早く、エリックは手を振って、「ごきげんよう」とひとこと言って、行ってしまったのです。もう戻ってくることはありませんでした。

その夜の夕食の間、家族はエリックのことについてあれこれ思いを巡らせました。

なにか怒っていたのか?

この家にいて楽しかったのか?

手紙でも書いて寄こしてくれるのだろうか?

戸棚の中に置かれていたもの

エリックが行ってしまったあと、家族は台所の戸棚の中に置かれていた、あるものを見つけました。それは、

「たくさんの色鮮やかな植物たち」でした。

何年も経過した今でも、暗がりの中でそれらは元気に息づいています。

家にお客さんが来るたびに、家族はそれらを見せて、

「ほら、うちに来た交換留学生が、これを置いていったんですよ」

と、言うのです。そして最後はお母さんのこの言葉で締めくくられます。

「きっとお国柄ね」

『エリック』を読んだ感想

もし現実の世界で、自分がホームステイに来た相手を受け入れる側の人間だとして、その受け入れる相手がエリックのような人物だったとしたら…。

言動や行動に対して、理解に苦しんだり、少しいらだちを感じたりしてしまうかもしれないな、と思いました。

でもエリックみたいな、戸棚の中に素敵な置き土産をしていくという、粋な計らいをされたら、自分が抱いた嫌な気持ちなどすぐに吹き飛んでしまうでしょうね。

戸棚の中が居場所

せっかく部屋が用意されていたのに、エリックが普段、勉強するときや眠るときに使ったのは、台所の戸棚の中でした。

戸棚の中と聞くと、なんだか窮屈で使い勝手が悪そうな環境に思えますが、おそらくエリックにとっては戸棚の中が、とても居心地のいい場所だったのでしょう。

そして、そんなエリックのことを不思議に思いつつも、戸棚の中を使うことをダメと言わなかったこの家族からは、相手を尊重しようとする気持ちが伝わってくるのです。

お国柄

家族の中のお母さんが使う「お国柄」という言葉が、おはなしの中に何度か登場します。

異なる文化を持つ相手に対して、少し嫌な感情を持ったり、きつい言葉を投げかけたりしてしまうことがあるかもしれません。

でも、このお母さんは「お国柄」という言葉を使って、相手のことを受け入れます。

大きな心で相手を包み込むことができる優しいお母さん。とても素晴らしい人ですね。

エリックが置いていったもの

お話のクライマックスで、行ってしまったエリックが戸棚の中に置いていった、たくさんの色鮮やかな植物たちを家族が見つけます。

この絵本のイラストのほとんどには、色が付けられていないのですが、戸棚の中のその植物たちの部分は、さまざまな色で描かれているのです。

なんだか、エリックのホームステイ先の家族への強い感謝の気持ちが、鮮やかな色に現れているように思えます。

この戸棚の植物たちが描かれたページを、ぜひみなさんにも見てもらって、そこからいろいろなことを感じ取ってもらいたいです。

『エリック』はどんな人におすすめ?

『エリック』は、こんな方におすすめです。

  • 異文化や多様性のある社会に興味を持っている人
  • ホームステイやホストファミリーに興味を持っている人
  • ほっこりした気持ちになりたい人
  • ショーン・タンさんの世界に浸りたい人

異なる文化を持つ相手に対しての心の持ちようを、優しく教えてくれているような絵本です。

この絵本で、はじめてショーン・タンさんを知った方は、彼の他の絵本も読んでみたくなるかと思います。

おわりに

絵本のサイズは小さいですが、お話やイラストから読み手に伝わってくるものは、とても大きいと思います。

「お国柄」

この言葉でもって、ホームステイ先の家族は異なる文化を持つ相手を受け入れていました。

現実の世界では、自分のやり方・考え方が結構凝り固まっていて、相手に対して柔軟になれない人も多いように思われますが、この家族が持つ、

「どんなことも受け入れてしまえる度量の大きさ」

私たちも持てるようになりたいですよね。

そう思わせてくれる素晴らしい絵本でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる