本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『君の膵臓をたべたい』感想|生きることは、誰かと心を通わせること

思わず二度見してしまう作品名ですが、安心してください。

作品を読めば、この題名の本当の意味がわかります。

当たり前に過ぎてしまう日々のなかで、「生きる」ことの素晴らしさを感じる場面は、そう多くありません。

この作品は、そんな「生きる」ということを、読みやすい文体でありながら力強く教えてくれます。

自分が生きていることは決して当たり前ではないことに、改めて気づかせてくれる作品です。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『君の膵臓をたべたい』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル君の膵臓をたべたい
著者住野よる
出版社双葉社
出版日2015年6月21日
ジャンル青春小説

作者のデビュー作にして、圧倒的な話題を読んだ作品です。

今をときめく俳優陣で映画化もされており、Mr.Chilrdenが主題歌を歌ったことでも注目されました。

映画、原作ともに日本中を涙で包んだ感動作です。

『君の膵臓をたべたい』のあらすじ

内気で友達のいない「僕」と、明るく友達も多い「山内桜良」。

対照的な性格のふたりの会話をメインに物語が進んでいきます。

ライトな文体の読みやすい作品ですが、予想を超える結末に注目です。

「共病文庫」と僕との出会い

盲腸の術後で病院に来ていた僕は、ロビーの椅子に置かれていた1冊の本を拾います。

「共病文庫」という名前のそれは、見た目は市販の文庫本のようでありながら、中身は手書きの日記。

近い将来、病気の影響でこの世を去ると書かれてることに、僕は衝撃を受けます。

その持ち主こそが、膵臓の病気を患っている「山内桜良」なのでした。

クラスメイトである僕は、「共病文庫」を拾ったことで彼女と距離を縮め、いつの間にか”仲良し”になってきます。

彩りを増していく世界

病気のことは誰にも言わない。

そう約束し、図らずも桜良の秘密を知っている唯一のクラスメイトになってしまった僕。

ひとりでやっていた図書委員の仕事に桜良が立候補してきたり、教室では朝いちばんに声をかけられたりと、彼女が持つ圧倒的なパワーに押される毎日。

友達のいない僕にとってはいつもと違う、鮮やかな日常が始まっていきました。

内緒の旅行へ

余命が見えていても、常にあっけらかんとしている桜良。

病の体でありながら「共病文庫」に書いた”死ぬまでにしたいこと”に基づいて、両親に内緒で旅行に出かけようと計画し始めます。

もちろん、お供に選ばれたのは僕。

半ば強引に旅行に付き合わされて最初は気乗りしない僕でしたが、彼女と時間を共有していくうちに、心が揺れ動くのを感じていきます。

『君の膵臓をたべたい』を読んだ感想

余命宣告を受けたヒロインを中心に進んでいく物語なので、湿っぽい作品なのかと予想しましたが、全くそんなことはありませんでした。

周りを元気づける明るさをもつ桜良のおかげで、物語は漫才のようにテンポよく進んでいきます。

生きることの意味

明るさのなかにも、確かに「死」を意識させる作品ではあります。

重々しさはないものの、最後まで「生きる」ってなんだろう?と考えながら読み進めました。

生きることにリミットのある桜良が話す言葉には説得力がありますが、特に印象に残っているものがあります。

「生きるってのはね、きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」

病気のことなどおかまいなしというように明るく振る舞う桜良が、稀に言葉にする「生きる」ことの意味は、じんわりと読者の心を温めます。

当たり前のことを立ち止まって考えさせてくれるキッカケになりました。

人との繋がりが自分を変えること

クラスに友達のいない僕が、桜良との出会いで変わっていきます。

見える景色や考えること、もちろん友人関係などが、自分が気づかないうちに変化していく。

桜良と冗談を言ったり、ふざけて罵りあったり、笑いあう日々に、僕は次第に愛しさを感じるようになります。

同時に、これまでの自分では考えられない毎日を過ごしているということにも気づくのでした。

誰かとの繋がりによって人は変われるという、当たり前だけれど大切なことを教えてくれます。

キャラクターのリアリティー

桜良は友達の前では絶対に弱みを見せません。

”仲良し”の僕の前でも同様に強がります。

でも本当は死ぬのが怖い。

死を前にしたとてもリアルな人間の姿は、読んでいて胸を打つものがあります。

桜良が最初から、死を前にして怯えていたとしたら。

それもまた患者の姿のひとつではありますが、明るくおちゃらけた印象のヒロインだからこそ、たまに見せる弱い姿やぽつりとつぶやく本音に、人間らしさを感じます。

また、内向的な僕が主人公として物語が進んでいくことで、桜良を前にした素直な戸惑いや考察もおもしろい。

キャラクターのリアリティーも、この作品の魅力のひとつです。

『君の膵臓をたべたい』はどんな人におすすめ?

この作品は、こんな方におすすめです。

  • 泣ける作品が好きな人
  • 読みやすい作品が好きな人
  • 読後感がすっきりした作品が読みたい人

特に涙を誘うような物語を読みたい方におすすめします。

題材は少し重いですが、読み終えてみると前向きになれる作品です。

おわりに|こんなときだからこそおすすめしたい作品

たった1冊の小説が、生きていることの素晴らしさを教えてくれます。

男女が主人公となると、なんとなく恋愛もののような予測もできますが、この作品は単純なラブストーリーに帰着しません。

読み終わったあと心の深いところに訴えかけてくるような、不思議な力強さを持った作品です。

題名にためらわず、ぜひ手にとってみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる