【最大半額】本がお得に読める7つのサービス >>

『ライオンのおやつ』感想|こんな穏やかな時間を過ごしたい

ある年のクリスマス。

海野雫が降り立ったのは、瀬戸内に浮かぶ「レモン島」と呼ばれる小さな島でした。

キラキラ光る美しい景色に囲まれたその島で、彼女が過ごす時間、出会う人々との交流を描く物語です。

病と向き合い、時に抗いながらも必死に闘ってきた雫。

島での丁寧な暮らしぶり、ゆっくりと流れる時間、出会った人々との交流が、雫の心を穏やかに満たしていきます。

自分にとって本当に大切なものが何かを、優しく問いかけてくれる作品です。

タップできるもくじ
【今アツい!】最大半額で本を楽しみたいなら

ebookjapan』は、Yahoo!が運営する国内最大級の電子書籍サービスです。

無料で読める漫画は5,000冊以上・小説や他の本も含めると取り扱い数80万冊以上!

今なら初回ログインの方限定で、全ての本が6回まで最大半額で購入できます。

最大半額クーポンの配布はいつ終わるかわからないので、本をお得に買いたい方はお早めに。

\ 公式サイトはこちら /

※最大半額で本が楽しめる!

漫画をお得に楽しみたいなら『Amebaマンガ』。

会員数500万人以上で、40万冊以上の漫画が揃っています。

今なら無料会員登録をするだけで、好きな漫画が100冊まで最大半額で楽しめます。

\ 公式サイトはこちら /

※100冊まで最大半額!

『ライオンのおやつ』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトルライオンのおやつ
著者小川糸
出版社ポプラ社
出版日2019年10月10日
ジャンルヒューマンドラマ

本作は、著者である小川糸が、母親の病気をきっかけに書いた物語です。

第17回(2020年度)本屋大賞で第2位を受賞し、2021年6月にはテレビドラマ化もされ、多くの感動を呼びました。

「生きること」「死と向き合うこと」を丁寧に描いた作品です。

『ライオンのおやつ』のあらすじ

まだ30代という若さで、医師から余命宣告を受けた海野雫。

孤独に病と闘ってきた雫でしたが、もう治る見込みがない段階に来ていることを知り、ある決心をします。

瀬戸内のホスピスへ

病院で孤独な死を迎えたくない、温かい場所で毎日海を見ながら、残された日々を過ごしたい。

そう願った雫がたどり着いたのは、レモン島にたたずむ「ライオンの家」でした。

ホスピスのイメージからはほど遠い「ライオンの家」で過ごすことになった雫は、そこで豊かな日々を過ごします。

個性豊かな顔ぶれ

ライオンの家には、個性豊かな面々が集います。

ホスピス代表であり、身の回りの世話役である「マドンナ」や、お料理・お菓子を担当する狩野姉妹、雫以外の住人たち。

雫がほのかに想いを寄せる島の青年や、以前いたホスピスの住人が飼っていたペットも、雫を温かく見守り、闘いに疲れた雫の心を癒やしてくれます。

それぞれ一癖あったり、独特の雰囲気をもっていたりと、賑やかなライオンの家の雰囲気は、ホスピスのイメージを覆します。

妄想が膨らむ美味しそうな食事のシーン

本作では、食事のシーンが多く出てきます。

生きる上で大切な「食べること」に重きを置いているライオンの家では、そこに住む人々が「食すること」を心から楽しんでいるのです。

365日違う味を味わうことのできる「お粥」。

病院食のお粥が嫌いだった雫は、ライオンの家で食べたお粥の美味しさに感動を覚えます。

雫は、ライオンの家での食事を「魂に響く味」と表現しています。

目を閉じて、その味を想像したくなるような食事のシーンも、この作品の魅力の1つです。

『ライオンのおやつ』を読んだ感想

あらすじを読むと、ただただ切ないストーリーのようですが、そうではありません。

ゆっくりと流れる時間の中で、愉快な仲間たちと笑いあえる瞬間。

これまでずっと望んでいた、犬と過ごす幸せな時間。

島の青年との嬉しい出会い。

読んでいる私たちも、キュンとなったり笑顔になったり、温かい気持ちで満たされます。

幸せの形

人が感じる「幸せ」の形は人それぞれです。

雫は、ライオンの家に来てから、自分に正直に生きることができました。

自分の未熟な部分も、醜いところも、ありのままを受け入れて自分に素直に生きたのです。

それは簡単なように思えても、実はとても難しいことなのだと思います。

現代社会で生き抜いていかなくてはならない私たち。

世間体や見栄、プライドなど、いろいろなものが邪魔をして、素直に生きることを難しくしているのかもしれません。

時には肩の力を抜いて、流れに身を任せてみたいと、この作品を読んで感じました。

温かい言葉がつまっている作品

この作品に出てくる人物たちの言葉は、温かさに溢れています。

「よく眠り、よく笑い、心と体を温かくすることが、幸せに生きることに直結します。

 雫さん、笑顔ですよ、笑顔。いつも笑って過ごしましょう。」

「ライオンの家にはささやかな希望がたくさんちりばめられている。」

「思いっきり不幸を吸い込んで、吐く息を感謝に変えれば、あなたの人生は光り輝くことでしょう。」

優しく包まれるような言葉の数々に、癒やされる読者も多いはずです。

天国の描写

天国は、お花畑に囲まれている、とか、美しい場所と言われたりすることがありますね。

この作品には、天国の具体的な描写が出てきます。

「いきなり自分にぴったりのメガネを与えられたみたいに、物事が、ものすごくくっきり見えるようになる。」

「私のことを誰かが思い出してくれるたびに、地球がぼんやりと明るくる。」

もし、天国がこんな世界だったなら、あなたの大切な人がこんな世界にいるのなら、きっとホッと安堵することでしょう。

『ライオンのおやつ』はどんな人におすすめ?

著書である小川糸さんは、本作を書いたきっかけについて次のように話しています。

母に癌が見つかったことで、私は数年ぶりに母と電話で話しました。

死ぬのが怖い、と怯える母に、私はこう言い放ちました。

誰でも死ぬんだよ、と。

けれど、世の中には母のように、死を得体の知れない恐怖と感じている人の方が、圧倒的に多いのかもしれません。

母の死には間に合いませんでしたが、読んだ人が、少しでも死ぬのが怖くなくなるような物語を書きたい、と思い「ライオンのおやつ」を執筆しました。

著者の思いは、きっとこの作品を読んだ人に届くはずです。

本の中で、主人公の雫が、亡くなった方と話をする場面があるのですが、

怖い雰囲気などまるでなく、温かくて優しさ溢れるそのシーンに、私は胸を打たれました。

  • 家族やペットなど、死を身近に経験したことがある人
  • 温かい作品に触れたい人
  • ほっこり癒やされたい人
  • 感動する作品を読んで、静かに涙したい人
  • 日常に疲れた人

こんな人に、ぜひおすすめした作品です。

おわりに|明日が来ることは当たり前なんかじゃない

雫は病気になってから、いつも「患者」としての自分を忘れられずにいました。

マスクを外せない自分、大好きなコーヒーを我慢していた自分、骨がもろくなっているから運動を避けていた自分。

でもライオンの家に来てから、マスクを外して美味しい空気を思う存分吸い込み、大好きなコーヒーを飲み、犬との散歩を楽しみ、気の向くままに行動します。

そうして、病気になる前の自分を取り戻したのです。

がむしゃらに突き進むことも、もちろん大切です。

でも時にはほんのちょっと立ち止まって、雫のように自分に素直になる時間をもってみたいと思いました。

明日が来ることは当たり前なんかじゃない。

いつも通りの日常を過ごせることは、実はとても幸せなことなのだと、この作品を読んで改めて気付かされました。

人はみんな、いつかは死を迎えます。

いつ何があるかわからないからこそ、1日1日を大切に過ごそう。

そんな雫からのメッセージを、たくさんの人に感じてもらいたいと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる