【最大70%OFF】本がお得に読める7つのサービス >>

『しゃばけ』感想|病弱な若だんなと個性豊かな妖たちが難事件に挑む!

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

江戸を舞台にたくさんの妖が登場する、不思議で楽しいファンタジー時代小説『しゃばけ』。

妖が出てくる物語なんて怖い!

と思う人もいるかもしれません。

しかしこの『しゃばけ』に出てくる妖は、親しみやすくて可愛らしい妖ばかりです。

主人公の若だんなのことが大好きで、若だんなのために人にまぎれて生活したり、病弱な若だんなの看病をしたりと大活躍。

妖らしい冷酷さも垣間見えますが、人間のような愛情も持っているのです。

そして若だんなの揺れ動く気持ちや弱さ、それに立ち向かう強さも見どころのひとつです。

タップできるもくじ
【今アツい】最大6冊半額で本を楽しみたいなら

ebookjapan』は、Yahoo!が運営する国内最大級の電子書籍サービスです。

無料で読める漫画は5,000冊以上・小説や他の本も含めると取り扱い数80万冊以上!

今なら初回ログインの方限定で、全ての本が6回まで最大半額で購入できます。

最大半額クーポンの配布はいつ終わるかわからないので、本をお得に買いたい方はお早めに。

\ 最大6冊まで半額クーポンGET /

『しゃばけ』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトルしゃばけ
著者畠中恵
出版社新潮文庫
出版日2004年3月28日
ジャンルファンタジー時代小説

畠中恵さん著書の『しゃばけ』は、20作以上が刊行されている長編シリーズ。

累計発行部数900万部を超える人気時代小説で、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作です。

『しゃばけ』シリーズ第1弾となる本作は、2001年の作品。

そこから20年ものあいだ、多くのファンに愛され続けています。

ファンタジー要素があり、手に取りやすい内容なことから、時代小説を読まない人にも親しまれている『しゃばけ』。

シリーズを通して読むと、若だんなの成長や妖たちとの絆の深まりが感じられて、読めば読むほどその世界観にハマるはずです。

『しゃばけ』のあらすじ

『しゃばけ』は病弱な若だんなと妖たちが、江戸を舞台に事件解決に挑む物語。

ファンタジー要素あり、ミステリーあり、人情ありとさまざまな要素が詰まった作品です。

妖が見える病弱な若だんな

『しゃばけ』の主人公は、一太郎という名の青年。

江戸で廻船問屋を営む大店「長崎屋」の若だんなです。

若だんなは幼いころから、何度も死の淵に立っているほど病弱。

そのため、めったに外出することもなく、店の跡取りとしての仕事もほとんどさせてもらえません。

そんな若だんなには、人に言えない秘密がありました。

それは、妖が見えること。

しかもその妖たちと親しく話し、人に化けた妖と一緒に暮らしています。

妖たちは、病弱だけど心やさしい若だんなが大好き。

妖たちは騒動を引き起こしながらも、若だんなのために江戸を駆け回ります。

刃物男に遭遇した若だんな

ある夜、若だんなは珍しくひとりで外出していました。

黙って家を出ていた若だんなは、予定よりも帰りが遅くなってしまい、家路を急ぎます。

そこへ現れたのは、鈴の付喪神である鈴彦姫。

頭に大きな鈴を乗せ、若い娘の姿をした妖です。

若だんなを心配して出てきた鈴彦姫は、突然「血の臭いがする」と周囲を警戒し始めました。

すると若だんなの後ろから、刃物を持った男が「香りがする…」と言いながら追いかけてきたのです。

近くの神社に住む妖・ふらり火の力も借りて、なんとかその場をしのいだ若だんな。

しかしその直後、ひとりの男が血だらけで死んでいるのを発見します。

さらなる事件が若だんなを襲う

家に帰ってきた若だんなでしたが、一連の事件を手代の仁吉と佐助に話すと、ふたりは大げさなほど心配します。

この仁吉と佐助は、人に化けた妖。白沢と犬神という、強い力を持った妖です。

若だんなを守るため長崎屋にやってきたのですが、その過保護っぷりは相当なもの。

若だんなは、ふたりの態度に毎度困っていました。

事件は解決しないまましばらく経ったころ、今度は長崎屋に刃物の男が現れます。

男は長崎屋に置いてある秘薬を求めている様子。

さらに若だんなは、男が何かの香りをたどって長崎屋に来たことに気付きます。

その香りは、若だんな自身も知らない、若だんなの出生の秘密が関係していたのです。

『しゃばけ』を読んだ感想

本作『しゃばけ』は、病弱な若だんなと妖たちが繰り広げる、不思議であたたかい物語。

親しみやすくて可愛らしい妖たちに魅了され、妖たちと若だんなの絆に心があたたかくなります。

そして、若だんなの人となりも『しゃばけ』の大きな魅力となっています。

不思議で可愛い!妖たちの魅力

妖とは、いわゆる妖怪のこと。

不思議な力を持ち、人にいたずらしたり驚かせたりする異形な存在です。

一般的には、怖い、不気味などマイナスなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

しかし若だんなのまわりにいる妖たちは親しみやすく、怖さを感じさせません。

冒頭に登場する鈴彦姫、家を軋ませる妖怪・鳴家、屏風の付喪神・屏風のぞき、白沢の仁吉、犬神の佐助……と、『しゃばけ』に登場する妖たちはバラエティ豊か。

それぞれの妖としての特徴だけでなく、人間じみた個性が光るのもまた魅力でしょう。

屏風のぞきの皮肉っぽさや、鳴家の小動物のような愛くるしさに、読んでいて思わず笑顔になりますよ。

若だんなへの愛にあふれる妖たち

若だんなに対する仁吉と佐助の態度は、過保護を通り越してもはや束縛。

読んでいても窮屈さが伝わってきて、若だんなに同情してしまいます。

しかしそれらはすべて「若だんなを守る」という、使命感と愛情からくるもの。

読み進めていくと、その思いの強さがわかってくるのですが、印象的なのは仁吉と屏風のぞきの会話です。

力関係にはっきり差があり、仲が悪いふたり。

共通点があるとすれば、若だんなへの愛情です。

心配だからこそ過保護に扱い、辛い思いをさせないようにする仁吉と、単純に一緒にいるのが楽しいから好きだと言う素直な屏風のぞき。

いつもはいがみ合うふたりですが、若だんなが大切だという思いだけは分かち合える。

若だんなが妖たちにとって、どれだけ大きな存在なのかがわかるやりとりでした。

若だんなが持つ強さと弱さ

主人公である若だんなは、仁吉や佐助に言いくるめられて何もできないことがほとんど。

若だんなはそんな自分を省みて、情けないと卑下しています。

強くなりたい、一人前になりたいと願っても、思う通りにいかないもどかしさを抱えているのです。

しかし若だんなが自分の秘密を知り、事件解決のために行動した場面は胸が熱くなります。

そこで見えたのは、若だんなの心の強さです。

自分の弱さを受け入れ、それでもそれに甘んじることなく立ち向かう姿。

誰もが何かしらのコンプレックスや、劣等感を抱いていると思います。

若だんなの行動は、そんな思いと向き合うきっかけを与えてくれるでしょう。

自分の弱さと向き合う強さを、若だんなは私たちに示してくれました。

『しゃばけ』はどんな人におすすめ?

私が『しゃばけ』をおすすめしたい人は、このような人です。

  • ファンタジーが好きな人
  • 時代小説初心者の人
  • 弱さと向き合うきっかけがほしい人

『しゃばけ』は非日常を感じられる不思議な世界です。

妖たちがたくさん登場する本作は、ファンタジー小説が好きな人にはうってつけ。

また時代小説は難しいと思われがちですが、『しゃばけ』は初心者にも読みやすい作品です。

普段時代小説を読まない人にも、ぜひ読んでほしいと思います。

そして若だんなの姿に、弱さと向き合う勇気をもらえることでしょう。

おわりに|読めば読むほど好きになる『しゃばけ』の世界

『しゃばけ』は20作を超えるシリーズ作品。

本作はその第1弾、まさに始まりの物語です。

『しゃばけ』は、若だんなや妖を通して人の気持ちが描かれます。

人は誰しもが、いいところもあれば悪いところもあるもの。

正の感情も負の感情も、両方を持ち合わせていると思います。

『しゃばけ』では、そのどちらもが共存しているような世界。

読み終わると、あたかかくも切ない気持ちになって、不思議な安心感に包まれます。

第2弾以降の『しゃばけ』は、新しい妖が登場したり、若だんなが旅に出たり、新たな友人ができたりと盛りだくさん。

ぜひこの『しゃばけ』を読んで、あなたも若だんなと妖たちの虜になってくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる