本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『卵の緒』感想|瀬尾まいこが描く家族の絆は、優しくて少しせつない。

僕は捨て子だ。子どもはみんなそういうことを言いたがるものらしいけど、僕の場合は本当にそうだから深刻なのだ。

こんな文章で始まる『卵の緒』は、小学生の男の子とその母親の絆を描いた心温まる物語。

何やら深刻な話なのか、と思いきや、快活な母親と思いやりのある少年の穏やかな毎日が、短編の中にぎゅっと凝縮されています。

自分の家族のことをもっと大切にしたくなる、誕生日の贈り物のような素敵な小説です。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『卵の緒』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル卵の緒
著者瀬尾まいこ
出版社マガジンハウス
出版日2002年11月1日
ジャンル家族小説

著者の瀬尾まいこさんは、『卵の緒』で、2001年坊っちゃん文学賞を受賞し、作家デビューされました。

あたたかな物語が多く、ほっと一息つきたいときに無性に読みたくなる作品ばかり。

今作も、心があたたかくなる親子の絆の物語。

たとえ目に見えなくても、家族の絆がきっといつもここにあると信じたくなる作品です。

『卵の緒』のあらすじ

小学4年生の育生は、自分が捨て子であると疑っています。

父親の存在を知らないし、周りの反応がおかしいから。

あるとき、どの家にもへその緒があると知って、母親にどこにあるのか尋ねます。

親子の証し

どこかとぼけていて楽天的な母親が取り出したものは、なんと、卵の殻

「母さん、育生は卵で産んだの。だから、へその緒じゃなくて、卵の殻を置いているの」

けろりとした顔でそう言うものだから、信じそうになってしまいます。

親子の証しはないのかと聞く育生に、彼女は、じゃあ見せてあげると、育生を思いっきり抱きしめるのでした。

登校拒否の友だち

学級代表で、勉強も運動もできる池内君が、学校を休むように。

そんなに仲がいいというわけではない育生ですが、とても心配していました。

家に行くと、元気そうでしたが学校へ行く気はないようで……。

ある朝、母親が作ったにんじんブレッドを食べて、あまりの美味しさにこれを、池内君にも食べさせたいと思いつきます。

育生も学校を休んで、みんなで信じられないほどのごちそうを、平らげたのでした。

新しい家族

母親には、通称朝ちゃん、という恋人がいます。

感じがよくて、とても食べるのが上手な男の人。

育生は朝ちゃんを気に入り、朝ちゃんも育生を気に入ります。

そして、結婚して育生に新しい家族が。

母親は、面白い話をしてあげる、と育生との出会いの話をはじめ……。

『卵の緒』を読んだ感想

親子の証しとは、なんでしょうか。

へその緒があるかどうか? 血が繋がっているかどうか?

答えはこの物語の中に。

愛情深い母親

育生と母親に血の繋がりはありません。

親子の証しを聞かれたとき、母親は力いっぱい育生を抱きしめます。

「ね。今見えたでしょう。証し」

母さんは僕を解放すると、嬉しそうに訊いた。

初めのうちは不満だった育生も、母親は自分のことがかなり好きだと理解するように。

この場面がとても印象的で、共に過ごした時間や相手に対する愛情の深さが、証しとなっているのだと感じました。

育生への愛を行動で示す母親が、素敵で心が洗われるような瞬間です。

好きな人を見分ける方法

育生と母親はふたりで食卓を囲みます。

  • 蛸と大根の煮物
  • ジューシーなハンバーグ
  • とろけそうに美味しいにんじんブレッド
  • 丁寧に作った甘いココア

食べることが大好きな母親は、自分が好きな人が誰かを見分ける方法を教えてくれると言い、

「すごーくおいしいものを食べた時に、人間は二つのことが頭に浮かぶようにできているの。一つは、ああ、なんておいしいの。生きててよかった。もう一つは、ああ、なんておいしいの。あの人にも食べさせたい。で、ここで食べさせたいと思うあの人こそ、今自分が一番好きな人なのよ」

美味しそうな食事、特に育生も絶賛していたにんじんブレッドが本当に魅力的です。

そして、母親が言ったこのセリフ、なるほど、と心の中で深く頷きました。

自分の幸せを分けてあげたいと思える人、食事は一番わかりやすくて相手も喜ぶ手段。

育生は、登校拒否をしている池内君に食べさせたいと思います。

朝ちゃんも誘って、会社、学校どちらもサボり、みんなでごちそうを食べる。

一日くらい、好きな人とこんな時間を過ごすのも悪くありません。

『卵の緒』はどんな人におすすめ?

文庫本で約80ページ。

短いけれど、愛に満ちた『卵の緒』を読むなら、

  • 心があたたかくなる物語を読みたい
  • 家族に感謝を伝えたいと思っている
  • 読書が苦手だけれど、何か本を読んでみたい

そんな方におすすめです。

短くて、必ずあたたかな気持ちに包まれる今作品は、読書を好きになるきっかけとなる本だと思います。

手紙の代わりとして、プレゼントに添えて渡したくなる物語。

きっと、人にも薦めたくなること間違いなしです。

おわりに

血の繋がりはない、ですがどこよりも仲がよくて、愛に溢れた親子の物語である『卵の緒』。

真相は、優しくて、少しせつない。

この先、どんなことがあっても、この家族はいつでも楽しく食事をするのだと思います。

そう信じられるほどの物語の力を感じました。

それからもうひとつ、今作品には『7’s blood』というふたりで暮らす姉弟の物語も収録されています。

表題作『卵の緒』と違い、こちらは血の繋がりによる絆を描いたもの。

ふたつを読むことで、愛情とは、家族とは何かが確かにわかる仕組みとなっています。

ぜひ一度、15分だけでいいので、時間をつくって読んでみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる