本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『35歳、働き女子よ城を持て!』感想|おひとりさま女子こそ持ち家を

「そろそろマイホームがほしいけど、何から手をつければいいかわからない」という人は多いのではないでしょうか。

また、「賃貸と持ち家、自分に合っているのは結局どっちなの?」という疑問を抱えている人もいらっしゃると思います。

今回紹介する「35歳、働き女子よ城を持て!」は、35歳の独身女性が都心でマイホームを手に入れるまでの実録エッセイです。

持ち家を検討している人、不動産の勉強をしたい人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『35歳、働き女子よ城を持て!』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトル35歳、働き女子よ城を持て!
著者高殿円
出版社角川書店
出版日2019年4月26日
ジャンルエッセイ

KADOKAWA勤務の契約社員・M村さん(35歳独身女性)が、作者の高殿円先生と取材を重ねつつ、都心に持ち家を購入するまでをつづったエッセイ。

物件の選び方やローンの組み方など、不動産について楽しく学ぶことができます。

図やイラストも豊富なので、不動産初心者の方も読みやすい一冊です。

『35歳、働き女子よ城を持て!』のあらすじ

筆者である高殿円さんは、KADOKAWAのM村さんと仕事の打ち合わせをした後、そのままプライベートな女子会に突入しました。

M村さんが「最近、漠然と持ち家が欲しいと思っている」と話すと、不動産売買経験の豊富な高殿先生は「買っちゃいなよ」と背中を押します。

「でも、東京の不動産は高いし、どうやって選べばいいかわからなくて不安……」というM村さんに対し、高殿先生は「持ち家は自分を褒めてくれる」と熱弁します。

高殿先生が持ち家をおすすめする理由は、自分自身の経験にありました。

先生は、20代のときに建売一軒家をローンで購入しています。

1人で孤独に執筆しているときも、家の天井を見上げて、「よく自力で家を建てたな、えらいな」と自己肯定できたとのこと。

高殿先生は「会社で辛いことがあっても、家があなたを受け入れてくれる。私は1人で生きる働き女子に、もっと簡単に褒められてほしいのだ」と語ります。

かくして、M村さんの理想の家探しが幕を開けました。

年収300万円台で、どんな家が買えるか

M村さんは年収300万円台の契約社員です。

実際、都心でどのレベルの家が買えるのでしょうか。

まずは、M村さんは不動産に求める条件を挙げていきます。

  • 最低30平米
  • バス・トイレは別
  • 駅徒歩10分前後
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • いざというときに賃貸に出せる

など。

次に、予算を設定します。

月々の家賃を7.5万円と仮定すると、35年間で3,150万円になります。

この数字をベースに、予算を3,000万円前後に設定しました。

ところが、この条件で東京の新築マンションを検索すると、マイナーなディベロッパーが建てた郊外のマンションしかヒットしません。

やっぱり、年収300万円台の女性が都心で城を持つのは難しいのでしょうか。

M村さんと高殿先生は世知辛さを嘆きつつ、新築モデルルームや中古マンションなど、様々な場所へ取材へ赴きます。

どのように物件を選べばいいのか

条件が定まった2人は、とにかく物件を巡ります。

  • 銀座のモデルルーム
  • 板橋の新築マンション
  • 白山の中古マンション
  • 武蔵関のリノベーションマンション

などなど。

ただ物件を巡るだけでなく、各不動産会社の担当者やホームインスペクター(住宅診断士)など、専門家への取材もしっかり行っています。

取材を重ねるごとに、「物件の良し悪しをどのように判断すればよいか」、「自分は家に何を求めるのか」が徐々に明確になっていきました。

M村さんは、新築であることより立地を重視し、都心の中古マンションをターゲットに絞ります。

ついに家を買う

約1年間の取材を経て、M村さんはとうとう自分の城を手に入れました。

購入したのは、JR目黒駅から徒歩12分のところにある、築20年ほどの中古マンション。

とても便利な立地ですが、価格はなんと約1,600万円!

安さの秘密は、借地権物件であることと、リフォーム前の購入にありました。

借地権物件とは、地主から土地をレンタルして建てたマンションです。

M村さんの場合は30年の定期借地権であり、30年後には退去しなければならないため、破格で手に入れることができたのでした。

また、リフォーム前の物件を購入し、気になるところだけ自分で手を加えることで、コストダウンと住みやすさの両立に成功しています。

高殿先生も、「これまでの学習の成果が凝縮されている……!」と、M村さんの決断を大いに称えたのでした。

『35歳、働き女子よ城を持て!』を読んだ感想

本書は実録エッセイですが、ハウツー本でもあり、働く女子へのエールでもあります。

役に立つだけでなく、読んでいてパワーをもらえるという点で、稀有な本だと思いました。

以下は、「35歳、働き女子よ城を持て!」を読んで、特に心動かされたポイントです。

普通のシングル女子でも、都心に持ち家を買える

私は九州で生まれ、現在は仕事の都合で東京で暮らしています。

数年前、東京で賃貸マンションを探したとき、真っ先に感じたことは「東京はなんて不動産

が高いんだろう」ということです。

「東京で持ち家を持っている人は、先祖代々東京に住んでいる人か、億万長者に違いない」とも思いました。

本書の「普通の独身女子が目黒に城を持つ」というストーリーには親近感を感じましたし、大いに勇気づけられました。

家が欲しい!と思ったときに必要な知識が凝縮されている

多くの人にとって、家は人生で一番大きな買い物です。

失敗したり、後悔したりしたくないですよね。

この本には、家が欲しいと思ったときに必要な基礎知識が凝縮されています。

例えば、

  • 安心して住める場所はどんな場所か?
  • 新築と中古はどう違うか?
  • 自分はいくらまでローンを組めるのか?
  • 効率的に理想の家を探すには?

など、大まかなポイントは本書でカバーできます。

まずは本書を読んで、家を買うイメージを膨らませるといいのではないでしょうか。

会話形式で読みやすい

本書のほとんどは、M村さん+高殿先生(+取材先の人)の会話形式で書かれています。

素人が知りたいポイントを、M村さんと高殿先生が質問し、取材先の人が回答する形式なので、とても読みやすいです。

また、M村さんと高殿先生の信頼関係があってこそ成り立つ、ぶっちゃけトークも読みどころです。

「今すぐ不動産がほしい!」という人以外でも、純粋に読み物として楽しめる構成になっています。

『35歳、働き女子よ城を持て!』はどんな人におすすめ?

『35歳、働き女子よ城を持て!』は、特に以下のような人におすすめです。

  • 都心で持ち家の購入を検討している人
  • 初心者にもわかりやすい不動産の本を探している人
  • 働くシングル女子

高殿先生は「私の周りには、男も子どもも必要ないという女子がたくさんいるが、家が必要じゃない人間はいない」と書いています。

当たり前の話ですが、改めて言葉にするとハッとしませんか。

家は誰しも必要なものです。

家について、もうちょっと真剣に考えてみようかなと思った人には、ぜひ読んでいただきたいと思います。

おわりに|家は働き女子の「居場所」そのもの

本書のそでには、

「女子が生きていくために大切なのは、自分だけのくつろげる居場所(=資産)を見つけること」

と書かれています。

最近、自己肯定感という言葉をよく聞きますが、大人になると、他人から褒められることはそれほど多くありません。

でも、自分の城を持つと、少なくとも家だけは自分を褒めてくれます。

家は物理的な意味だけでなく、精神的な意味でも「居場所」そのものなのです。

今よりも少し楽に生きていくために、家と向き合ってはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる