本好きなら登録しておきたい6つのサービス >>

『あつあつを召し上がれ』感想|素朴な食卓を彩るのは小川糸の描写力

あなたにはありますか?

誰かといっしょに食べたやさしいごはんの記憶が。

それは家族と、友人と、はたまた赤の他人と食べた料理でしょうか。

記憶に残るやさしいごはんの味はなにもすべてあたたかい雰囲気のなかで食べたものとは限らないでしょう。

時に愉快で楽しかったり時にはつらくて泣きそうだったり、様々な思い出があると思います。

三大欲求のひとつが求める食欲というものはわたしたちの食べたい欲だけでなく、心や体、そして脳やあらゆる機能の満足感を刺激してくれます。

きっと、この本を読んだあとには心もお腹も、満たされていることでしょう。

タップできるもくじ


U-NEXTなら無料登録でもらえる600ポイントで小説・漫画をお得に楽しめる!

210,000本以上の映画やドラマも見放題!

>> U-NEXTを無料体験する


DMMブックスなら無料で小説・漫画を試し読みできる!

9月は毎週金曜日コミックが30%OFF!

>> DMMブックスをチェックする

『あつあつを召し上がれ』の概要

出典:Amazon公式サイト

タイトルあつあつを召し上がれ
著者小川糸
出版社新潮社
出版日2014年4月28日
ジャンルあたたかな食事

本作は小川糸さんが料理やお菓子を表現する力を遺憾なく発揮している作品と言えます。

読んでいるだけでお腹の虫が鳴るような、そんな感覚はめったに味わえません。

小川糸さんの食べ物に対する表現力、そして人のぬくもり。

そういったものが込められています。

『あつあつを召し上がれ』のあらすじ

7作品がおのおの程よく距離をとっている短編集です。

それぞれのタイトルはすべてが『○○の△△(料理名)』となっており、たとえば5作品目のタイトルは『いとしのハートコロリット』。

話の内容としては最期のためだったり、出発を祝ったり、そして別れのためだったりとその食卓は多様なように思えます。

しかしすべてに共通するのは〈最後〉であること。

それについてはのちに触れたいと思います。

あらゆる最後と門出を彩る食卓

とあるインタビューにて、作者本人は「全体に共通するテーマは”最後の食卓”」だと語っています。

7作品すべて、人生の終わりだったり恋人関係の終わりだったりなにかの終わりを彩る食事を書いています。

そこには楽しい空気もあれば悲しい空気もありますが、どの食事も祝福のための食事と言って過言ではないでしょう。

終わりは始まりという言葉があるように、最後には新たな門出がつきものです。

それが人生の終わりであろうと。

少なくとも、わたしにはそう感じられます。

思い出すごはんの味

わたしにも思い出のごはんがあります。

小学生のころ、夏休みの楽しみに家族で行く海がありました。

早朝、誰もいない砂浜でわたしたちは父が作る少し硬い飯盒の白ごはんと不格好な目玉焼き、それとお湯を入れ過ぎて薄味になったインスタントのお味噌汁で朝ごはんを済ますのです。

本作のテーマには沿いませんが、わたしのなかで思い出のごはんと言えばこれしかありません。

思い出に残るごはんとはなにも味ばかりが残るのではないでしょう。

その場の雰囲気やそのときになにがあったのか、空気そのものが好きだったということもあります。

そういった思い出はもしかすると生涯を支えてくれる思い出になるかもしれません。

これを読んでいるあなたにも、そんな思い出があることを祈って。

いとしのハートコロリット

7作品中の5作目にあたる『いとしのハートコロリット』。

とあるおばあさんは旦那との記念日を祝うため、おめかしをしてふたりでよく行ったパーラーに出かけます。

内装もボーイの接客も昔とはずいぶん変わってしまったけれど、思い出の食事を楽しみます。

しかしそこに知らない女性が現れ失礼なことを言い放ってきて……。

この物語の内容はおばあさんの主観でしか見れません。

けれどなにが起こっているのかは一目瞭然です。

胸が締めつけられるような、切なくて涙があふれそうになるような、そんなお話になっています。

『あつあつを召し上がれ』を読んだ感想

あたたかい食事と言ってもいろんな”あたたかい”があるのだなぁと、読了後のわたしは思いました。

陽気なあたたかさ、涙のあたたかさ、切ないあたたかさ。

先述したような幼いころのごはんの記憶が残っているわたしにも、未来に新しいごはんの記憶が芽生えるのでしょうか。

先のことが少し楽しみになるような、そんな本でした。

食べ物に対する表現力

先ほども少しだけ語ったように、小川糸さんにはたべものに対する表現力がすさまじく、それは表現力というか、たとえの上手さでしょうか。

そこにあるのは確かに紙に印刷された文字でしかないのに、頭の中には明確にあたたかい湯気をまとうごはんがあるのです。

視覚、味覚、嗅覚、そのすべてがただの文字に支配されてしまいます。

食卓みたいな本

読んでいるだけでお腹がすいてくる、そして読み終わったころにはお腹いっぱいになっている。

まるで色とりどりのごはんが並ぶ食卓のような本です。

満足感や明日を生きる力、そういったものが得られる点としてもそれは食事とそう変わらないのではないでしょうか。

もちろん実際に胃に食べ物は入りませんので、しっかり食事は摂らないといけません。

『あつあつを召し上がれ』はどんな人におすすめ?

世の中誰かと囲む食卓にいい思い出がある人ばかりではないでしょう。

けれどこの本を読んで、自分にもそういう未来があるかもしれないと生きる気力になっていればなぁなんて、願わずにはいられません。

悲しい思い出も嬉しい思い出も、そこにあったすべてのごはんが自分のためになりますように。

  • 食事や食べ物の描写が好きな人
  • ごはんに特別な思い出がある人
  • 色んなあたたかさに触れたい人

特にそんな人たちにおすすめしたい作品となっています。

おわりに

いかがでしたか?

記憶の隅にあったごはんの思い出がよみがえったりしましたか?

それが日々を生きる糧になっていればいいなと、わたしは思います。

小川糸さんはそもそも素朴な日常の描写が上手い作家でもありますが、書いてきたとおり食べ物に関してはこと素晴らしい表現力を持ちます。

そして食事とは日常生活に欠かせないものであり、だからこそ小川糸さんが創る世界の登場人物たちはあんなにまで生き生きとして見えるのでしょう。

そこには確かに、わたしたちと同じように色んなことに悩み、楽しむ生きた登場人物がいるのです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる